Facebookのいま、そして今後の展望

Facebookは実名登録が基本ということもあって数あるSNSの中でも利用者の年齢層が高めと言われていますが、それだけに比較的安全度の高いコミュニケーションツールといった印象を持たれています。
実生活での友人知人との交流に利用している人も多く、人によっては積極的にビジネス利用に役立てて仕事に生かすための人脈づくりやセルフブランディングを行っています。
Facebookには個人アカウントとは別にFacebookページというビジネス専用ページも開設できるため、現在Facebookを積極的に利用している人は交流そのものを仕事に生かしたいと考えている人が少なくないと言えます。

それぞれ特色あるSNSが登場して来た過程で一通りそれらのアカウントを持っている人も、すべてをしっかり使いこなすというのは時間的に無理があることから自然に棲み分けが行われた感もありますが、Facebookをはじめ規模が大きく利用者も多いSNSは今後も安定した運営が行われると考えられています。
特にFacebookページでは多くの有名企業も自社ページを開設しておりマーケティング戦略に欠かせないツールとなっていることから、個人事業を行っている人の間でもFacebookページを新設する人がさらに増えることも予想されています。

いまでは交流というよりは良い出会いを求める人の利用も多いFacebookですが、ビジネス利用も多いSNSということで個人アカウント開設の折、現実での交流もある社会人の友人知人の多くと友達申請をしたり承認し合ったりしてしまうと何らかの勧誘や売り込み攻勢に遭ってしまうケースもあり、その点がデメリットとも言えます。
今やSNSは目的に応じた関わり方で棲み分けを行ったほうが使いやすい面があり、Facebookページを仕事で活用しながらも個人アカウントでは内輪の交流のみに専念したいという場合、友達をやみくもに増やさないなどの工夫が必要でその辺りのバランスの取り方が快適な利用のカギを握ります。

SNSの分野も流行り廃りが激しく今後の展望を読むのは難しいと言われていますが、今や企業のマーケティング戦略にも欠かせないFacebookページの存在は人々の興味関心の方向が多様化するほどに重要性を増すと考えられていることもあって、比較的展望は明るいという見方をされています。
ビジネスに役立てるにしても良い出会いを求めるにしても現在最も重視されているのがセルフブランディングと言われ、多くの人がFacebook上でそれを充実させられるかどうかがSNSとしての人気の行方を左右するとも考えられます。